立音楽大学打楽器専攻を首席で卒業。

卒業時に武岡賞受賞。


同大学卒業演奏会、読売新聞社主催新人演奏会、打楽器協会主催新人演奏会に出演。

在学中学内オーディションに合格し、ソロ室内楽定期演奏会に出演。

また成績優秀者として選抜コンサートに出演。

明治安田生命クオリティオブライフ文化財団より特待奨学生に選ばれる。


2006年に結成したパーカッションユニットTuk-Pakのメンバーとして、

最も熱狂的なクラシック音楽祭ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007、2008に参加。

舞台ハムレットの音楽、演奏を担当。

平城京遷都1300年祭に出演し、音楽制作及び演奏者として高く評価された。

自主企画のライブを行う他、国立がんセンターなどの医療施設や学校などの教育機関、また手作り楽器や体を使ってリズムを体験できるワークショップを取り入れたコンサートなども行っている。子どもから大人まで幅広い年代に支持され、精力的に活動中。



2009年創作竹楽器集団「東京楽竹団」に入団。日本の文化に根付いた竹を使い楽器を創り、新しい響きを造り出す集団。音楽性の高い表現とパフォーマンスで刺激と安らぎに満ちた舞台作りを行っている。また学校公演や全国各地のイベントなど幅広く活動している。

近年はフジテレビ系列「めざましテレビ」で開催されたコンテスト「みんなでベト7ロード to 武道館」において数百組の応募の中から最終4組に選ばれるとともに、WOWWOWにて開催された「WOWフェス」に出演し大きな反響を呼ぶなどメディアでの活躍も増えている。

2011年秋に若手4人で受けたオーディション「東京都ヘブンアーティスト」においては299組中合格者29組という難関を突破、東京都公認路上パフォーマンスアーティストとなる。


また竹マリンバ奏者として、作曲家の手使海ユトロ氏、尺八奏者の三橋貴風氏が率いる

多国籍音楽ユニット「夢幻華紋」に参加。

2013年東寺音舞台に出演、CDやTV番組テーマソングのレコーディングなども行う。



パーカッショングループ「PHONIX」メンバー。レコーディングやコンサートに参加。


読売カルチャー柏マリンバコース講師。


これまでにマリンバ及び打楽器を百瀬和紀、新谷祥子、上野信一、泰中公子の各氏に師事。


TOP      お知らせ  日記  マリンバ教室       経歴       問合せ  リンク